プロペシアのジェネリック

フィンペシア

フィンペシア

ロゲインのジェネリック

カークランド

カークランド

バイアグラのジェネリック

カマグラゴールド

カマグラゴールド

レビトラのジェネリック

バリフ

バリフ

シアリスのジェネリック

メガリス

メガリス

ちょっと気になる!でも不安。そんなジェネリック医薬品

皆さんは、「ジェネリック」という言葉をご存知ですか?

CMで流れていたりお医者さんに勧められたりと、最近ではとても身近な存在になりつつあります。「ジェネリックにしてもらうと薬価が安くなる」という事は知っているけど、同時に「どうして安くなるの?なんか不安...」という声が多いのも現実です。

そこで、ジェネリック医薬品について「なぜ安くなるのか?」、また「品質に問題はないのか(本当に安全か)?」について、少し掘り下げてご説明させていただきます。

フィンペシア           カマグラゴールド

そもそも「ジェネリック医薬品」って何?

「ジェネリック医薬品」とは、成分や製造方法などが全く同じ薬を、現在提供している製薬会社とは別の会社が製造した薬の事をいいます。本来、薬には「特許権」があり、その成分や製造方法を用いて特許権を持たない別の会社が製造するのは違法なのですが、この特許権は取得後20年で無効となるのです。

したがって、特許権が失われると同成分・同製造方法で他の製薬会社がこぞって製品化してきます。その結果、同様の薬がゾロゾロ出てくるので「ゾロ品」などと呼ばれていました(※ダジャレのようですがホントの話です)。ちなみに、「ジェネリック」という言葉が浸透する前は「ゾロ」と呼んでいました。

先に特許を取った医薬品を「先発医薬品」と呼ばれるのに対して、「後発医薬品」と呼ばれる事もあります。

先発医薬品と後発医薬品の違いって?

先発医薬品は、開発するのに莫大な費用をかけて製造します。無の状態から沢山の研究員達を雇い長い年月をかけて(※開発から製品化まで10~15年という話)、数十億~数百億もの開発費をかけてやっと製品化します。

一方ジェネリック医薬品は、特許が切れた薬品を研究し、有効成分などを真似すればいいわけですから、開発費もそれ程かからず期間も2~3年程といわれています。

「ジェネリックは安い」って聞くけど、どうして?

無から研究・開発する先発医薬品に比べ、ジェネリックは先発医薬品という見本があります。そのため、研究開発費や人件費などの労働コストや時間コストを、先発医薬品より桁外れに安く押さえることができます。

それを「薬価」に反映させる事ができるので、先発医薬品よりジェネリック医薬品の方が3~5割程度、安価に流通させることが可能となっているのです。

製品の品質は?本当に安心・安全?

先発医薬品は、国が定める20を越える試験結果を提出する必要があり、それらをクリアしてようやく製品化されています。一方ジェネリック医薬品は先発医薬品を真似て作られますので、「実際の効果が同等かどうか?」の試験をすることで、間接的にジェネリック医薬品も20を越える試験に合格していると考える事ができます。

その肝心な効果ですが、もちろん先発医薬品と後発医薬品を投与して評価する「比較実験」が行われ、統計上同等の結果が得られています。

今まで使用してきた先発医薬品と同等の効果が得られることが証明されているわけですから、「安全性・有効性もお墨付き」というわけです。

今や「AGA」・「ED」の治療に欠かせない

このジェネリック医薬品のおかげで、大きな恩恵を受ける事ができる代表的な症状がAGAとEDです。AGAとEDの治療には保険が適応されないため、継続的な対策が必要となるこれらの症状に対する治療費は本当にバカになりません。そこで、『ジェネリック医薬品を上手に利用して、少しでも安く治療にかかる費用を抑えたい!』という方が昨今急増しているのです。

フィンペシア           カマグラゴールド


もう一度AGAをおさらいしよう